「わかりやすい文章を書く全技術100」を読んだ感想!結構良い!

「わかりやすい文章を書く全技術100」を読んでみました!
「わかりやすい文章を書く全技術100」のkindle版

結論からいいます!結構良かったです!!(´∀`*)ウフフ

 

なぜ、読もうと思ったか?

こないだの、ウェブライダーの松尾さんのセミナーで

「わかりやすい説明」がアフィリエイターには必要!と言われたからです!(`・д・´)キリッ

で、Amazonで検索してて、「おすすめ書籍」として紹介されていたのが、この「わかりやすい文章を書く全技術100」でした!

「わかりやすい文章を書く全技術100」を読んだ感想

いや~良かった!

なにが良かったといいますと、

  • 100のテクニックほぼすべてに、例文(悪い例・良い例)が書いてあるので、理解しやすい。
  • 本全体としても、読みやすい
  • 100個もテクニックがある(知らないのも何個かあった)

とまあ、こんな感じで良かったですね。

内容は、基本中の基本!って感じですけどね( ^∀^ )

(なかには「当たり前」みたいな内容もありますが、、、)

どんな人におすすめ?

文章を書く人全般におすすめです。

もちろん、アフィリエイターにもおすすめですね。

だってわかりづらいサイトって、見てもらえないですからね、、、

まあ、いまいちど、書く技術のおさらいだと思って読んでみてはいかがでしょうか?(*^ω^*)ニコッ
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ここからは備忘録

自身の備忘録・復習もかねて

「わかりやすい文章を書く全技術100」の技術を書いておきます。

  1. 文の要素を明確に 単語などわかりやすく
  2. 伝わりやすい語句を選ぶ 一般的な語句を選ぶ、多義語は使わない
  3. 間違った表現は使わない
  4. 常用漢字を使う
  5. 常用外漢字を使う場合は、ふりがなを振る
  6. 指示語の使い方に注意する
  7. 指示語 何を指しているかを明確に
  8. 指示語 指示している内容の近くに置く
  9. 1つの対象についていろいろな表現は使わない
  10. わかりにくい表現を使ったら前後で補足する
  11. 言葉の切れ目を示す ひらがな・カタカナ・漢字を混ぜる
  12. 言葉の切れ目を示す 読点を用いる
  13. 言葉の切れ目を示す その他の記号・空白を用いる
  14. 一文を短く書く
  15. 一文の中に、情報を詰め込み過ぎない
  16. 余計な言葉を省く
  17. 短い言い回しを選ぶ
  18. 複数の言葉を一つにまとめる
  19. 長い分は2文以上に分ける
  20. 接続助詞はほどほどに
  21. 中止法もほどほどに
  22. 理解しやすい構造に
  23. 主語と述語は近づける
  24. 修飾語が何を修飾しているかを示す 修飾語と被修飾語を近づける
  25. 修飾語が何を修飾しているかを示す かっこを使う
  26. 修飾の順序 長い修飾語が前、短いほうが後ろ
  27. 修飾の順序 大状況から小状況
  28. 修飾周りの読点 長い修飾語が2つ以上の場合は読点をうつ
  29. 修飾周りの読点 短い修飾語の後ろに長い修飾語が来る場合、読点を打つ
  30. 修飾周りの読点修飾語被修飾語とが離れている場合、読点を打つ
  31. 修飾語をかっこでくくり、被修飾語の後に置く
  32. 修飾語が長い・多い場合は、2文にわける
  33. 同じ助詞は続けない
  34. ナカテン「・」で同格・並列を表す
  35. 意味のわかりにくい助詞は使わない
  36. 明確な接続助詞を用いて、言葉と言葉の関係を示す
  37. 基本的な語順にする(いつ、どこで、誰が、誰に、何を、どうした)
  38. 二重否定はさける
  39. 二通りの意味に解釈できないようにする
  40. 正確な文法の使用 助詞を正しく使う
  41. 正確な文法の使用 主語と述語を対応させる
  42. 正確な文法の使用 その他の言葉も対応させる
  43. 必要な要素をぬかさない
  44. 主語を省略しない 文の途中で主語がかわる場合
  45. 述語を書き忘れない
  46. 副詞の「おさめ」を書き忘れない
  47. 文で述べる内容を予測させる 主語・主題は文頭に
  48. 文で述べる内容を予測させる 文頭に接続しをおく
  49. 文で述べる内容を予測させる 文頭に副詞・前置きを置く
  50. 段落をわける
  51. 空白行を設ける
  52. 見出しをつける
  53. 情報が多すぎるとわかりにくくなる
  54. 余計な内容を省く
  55. ポイントをしぼる
  56. 短く表現できるものは、短く表現する
  57. 文同士・文章同士のつなげ方 前文の中の言葉を繰り返す
  58. 文同士・文章同士のつなげ方 指示語・代名詞を用いる
  59. 文同士・文章同士のつなげ方 接続詞を用いる
  60. 近い内容の話は、まとめて書く
  61. 逆説の接続詞を多用しない
  62. 不要な接続詞は省く(だから・よって・そこでなどの順接.また・さらに・そのうえなどの並列)
  63. 並列している情報は、箇条書き(リスト)にする
  64. 文章構成 伝えたい内容→補足する内容
  65.      全体→細部
  66.      時系列
  67. 脱線の処理 本文に入れる場合、接続詞を用いる
  68.       脚注で述べる
  69. 文章の最初で構造を述べる
  70. 必要な情報を盛り込む
  71. 理由を述べる
  72. 相手が理解できる理由で述べる
  73. 前提を述べる
  74. イメージできるように書く 具体的に述べる
  75.              数字で示す
  76.              図・グラフを用いる
  77. その他、必要な情報を盛り込む
  78. 文章で述べる内容を予期させる 結論を先に述べる
  79.                文章の最初で、主題を示す
  80.                見出しをつける
  81. 強調の仕方 語順を工夫する
  82.       繰り返す
  83.       視覚的な効果を用いる
  84.       強調したくない箇所は協調しない
  85. 文章の最初で文章の概要をのべる
  86. 見出しだけで内容がわかるようにする
  87. 文章の最初と最後に、内容のまとめを書く
  88. 視覚的に強調した個所を読むだけで、内容がわかるようにする
  89. テーマの決定
  90. 材料集め
  91. 構成
  92. 執筆・推敲
  93. 批判的な態度で見直す
  94. 客観的な態度で見直す
  95. 他人に読んでもらう
  96. ポイントを絞って読み返す
  97. 書き写す
  98. 自分の文章を人に見せる
  99. 技術を言語化する
  100. 書く