余った外貨「捨てるに捨てられない」ときのおすすめ処分方法

外貨ユニセフ募金

以前、海外に行ったときの外貨(フィリピン・台湾・中国)がずーっと家に残っていて困っていました。
外貨といっても、「お金」ですからやっぱり捨てるに捨てられないですよね。

そこで、今回は「余った外貨のおすすめ処分方法」を2つ紹介します!

1:メルカリで売ってみる

メルカリでは外貨が売れます。
記念コインとして集めている人もいれば、今から海外に行くので、コインを激安で入手しようというものです。

ちなみに私もメルカリで売ってみた

外貨をメルカリで売ってみたページ
私も外貨(フィリピン・台湾・中国)をメルカリに出してみました。
半年ほど放置しましたがいっこうに売れません。
値段は最安値の300円で、提示していたのですが、、、、

売れないのも当たり前です。

まず、違う国のが混じっているし、外貨の合計金も安い
もしも、外貨の合計が800円ほど残ってて、メルカリでの売値が300円だったら売れると思います。
がしかし、私のコインはおそらく合計で100円ぐらいだったかもしれません。

メルカリで外貨が売れなかったので、もう一つの方法を試しました。

2:郵送でユニセフ募金する

ユニセフの外貨の募金郵送
なんと、郵送で外貨を募金できるではありませんか!
ワァ─o(´・∀・`)o─ィ♪

これは知りませんでした。
外貨の募金はわざわざ、空港に行かないといけないと思っていたので。
空港までわざわざいくのは面倒ですが、郵送なら簡単です。

お金を郵送していいの?

注意
ちなみに、外貨はお金ではなく「メタル」という扱いなので、郵送が認められています。
ユニセフの公式サイトに書かれています。

では、郵送での外貨募金方法を説明します。

まず、ユニセフの公式サイトへ行く
外貨募金のユニセフ公式ページにて、住所を調べてください。

住所はこちら
〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
(公財)日本ユニセフ協会 外国コイン係

※送料は自己負担

封筒に住所を書いて、切手を貼って、ポストに投函すればOKです。
封筒なら切手代(82円)なので、簡単ですね!!

【追記】切手代は82円ではなかったです(汗)

外貨 郵送 重量超過

注意
82円切手だけで、投函したところ、
重量超過」で返ってきました。
よく考えたら、外貨なので重たいですよね。
なので、みなさんも外貨を郵送する際は、重さに気をつけてくださいね。

「違う国の外貨」が混じっていてもいいのか?

私も、最初はここが気になりました。
がしかし、公式ページを見てみると、どこにも国を指定する文言は書かれていません。

つまり、どこの国のお金を送っても良いことになります。
ユニセフ外貨募金の様子
また、公式サイトに掲載された画像を拝借してみると、お金を仕分けている様子が見られます。
よって、違う国の外貨が混ざっていてもOKといえるでしょう。

まとめ

外貨って、残っていると処分に困ります。
お金なので「捨てるに捨てられません」

ですが、募金なら気持ちよく譲ることができますね。
しかも郵送なら切手代だけですから。
(重量によって金額が変わりますので注意)

ぜひ、みなさんも、家に眠っている「余った外貨」があれば、郵送してみましょう!!
メモ
ちなみに、ユニセフの募金箱は、日本の空港に置いてあるようです。
なので私も次回からは、海外から帰ってきたときに、募金箱に入れてから家に帰ろうと思います。
(^^)