WordPressロリポップからエックスサーバーに移転「3サイト中2サイト問題」

引っ越しのイメージ
前回の記事ロリポップからエックスサーバーに引っ越し「シリウス」速度は?の続きです。

ロリポップからエックスサーバーに移転(引っ越し)するとき、ただのサイトなら簡単ですが、
WordPressだと、データベースの移転が加わるので、厄介です。

しかも、失敗することもあるのです。

メモ
僕の場合、3つ移設して2つが、問題が浮上しました。
(最終的に、3つともクリア)

その経緯を紹介しておきます。

エックスサーバーへの移転の手順

メモ
  1. ドメインを追加
  2. データベースのバックアップ&移転
  3. サーバーにアップロード
  4. 動作確認URL
  5. ネームサーバーの変更
  6. メールの設定(旧サーバーでメールを利用している人のみ)
メモ
※詳しくはエックスサーバーの公式サイトページをご覧ください
↓↓↓↓↓↓↓↓

< [/memo]

3サイト中2サイトが、行き詰まる!

僕の場合、WordPressサイトを3つサーバー移転しました。
1つは、なんの問題もなく、すんなり移転が完了しました。
でも、2つが問題ありだったのです。

では、なにで引っかかったのか、、、

1、プラグインの問題

1つ目はプラグインが問題でした。
問題だったプラグインは、WP Super Cacheというキャッシュ系のプラグインです。
WordPressの画面にて、WP Super Cacheというエラー画面が出るので、プラグインを停止したところ、問題なく移転できました。

2、.htaccessの問題

残りの1歳とは、.htaccessが問題のようでした。
.htaccessの不要な記述を削除したら、問題なくサーバー移転できました。

BackWPupができない、、、

さて、サーバー移転とは関係ないのですが、サイトの1つの内、BackWPupというバックアップのプラグインが、サーバー移転後に起動できなくなりました。
ところが、放置して1週間後に使ってみたところ、、、問題なくバックアップできるようになったのです。
これは、なにが原因だったかわかりません。

ロリポップからエックスサーバーに移転して、管理画面は早くなったのか。

WordPressユーザーなら、気になると思います。
WordPressの管理画面(ダッシュボード内)の操作が早くなるのかどうか、、、

僕の感想ですが、やはり早くなります。
今回3つのWordPressサイトを移転しました。

  • 2つはロリポップ(スタンダードプラン)のモジュール版
  • 1つはロリポップ(ライトプラン)のCGI版
スタンダードプラン
からの移転だと、少し早くなったような気がします。
ライトプラン
からだと、かなり早くなったような気がします。
やっぱり管理画面は早いに越したことないですね(*^ω^*)

まとめ

WordPressサイトをロリポップからエックスサーバー(x10)に移転するとき、

  • シリウスなど普通のサイトよりも、WordPressサイトは少し手間がかかる。
  • なにかしら、問題点が出る場合がある

となります。
でも、エックスサーバー(x10プラン)は、10日間のお試しがありますので、その間に、動作確認をしておけば、問題なくサーバー移転できるでしょう!