伏見稲荷に行ってきた!アフィリエイターが行くべき神社はここだった!

伏見稲荷大社の門

今日は、伏見稲荷大社に行ってきました!

伏見稲荷は、商売繁盛の神様として知られています。

僕が、アフィリエイターとなり、自営業を始めてから、毎年かかさずお参りに言っています。

今まで、伏見稲荷を頂上まで登ったことはなかったのですが、

去年初めて、頂上まで登って一周してきました。

そしたら、去年、念願の月7桁を達成することができたんですね!

ですから、今年も頂上まで行ってきました!

今回は車で伏見稲荷まで行ってきました!

伏見稲荷駐車場

今まで、電車で言っていたのですが、車で行ってみることに、、、

駐車場はややこしくもなく、無料なので助かりました。

伏見稲荷の真ん前に駐車場があります。

150台くらいは停められると思います。

さっそく本殿へ

伏見稲荷本殿

まずは、本殿でお賽銭をいれようとしたら358

伏見稲荷の本殿で、お賽銭をいれようと思い、お札を出しました。

僕は、お賽銭は、1000円にしています。

そして、その手にとった1000円のナンバーを見てみたら、、、815315でした!!

(ノ゚Д゚)ノオォオォ358がある!

小林正観さんの世界では358は縁起のよい数字です。

何やら、358のつくお札を持っているといいことらあるらしい、、、ということなので、

そっと、違う1000円札を入れました!

「そのまま、358のお札をいれればよかったかな、、、」と思いながらも前に進みました。

そのまま順調にすすみ四ツ辻へ

伏見稲荷の地図

伏見稲荷の、分岐点に四ツ辻があります。

ここで、去年と同じく左回りの大杉社方面へと歩き出しました。

そろそろ、休憩の甘酒が欲しくなり、ふらっと立ち寄ったのが大杉社でした!

伏見稲荷の甘酒

話はそれますが、甘酒は飲む点滴とも言われるくらい、栄養豊富だそうです。

米麹も入っていますからね。それに、冷える山頂では、熱々の甘酒があったまるし、本当に美味しいですよ!!

伏見稲荷の正しい回り方

伏見稲荷の回り方図説

ちょうと、甘酒を頂いている時に、店主に、「伏見稲荷の正規のルートってどうなんですか?」と聞いてみました。

すると店主いわく

 

  1. まず、最初、本殿は挨拶程度に立ち寄る。
  2. それから、四ツ辻へと向かい、左回りで回る。
  3. そこで、自分がここだ!と思う神様の前(各社がある)で祈願する。
  4. そして、最後に本殿で祈願する。

 

ということが正解らしいです。

アフィリエイターはせいりゅうさんらしい、、、

すると店主が、「お客さんは何関係の仕事ですか?」と訪ねてきた。

僕は、アフィリエイターなので

「えーとパソコン関係です。」と答えると、、、

「ITですね。。。それなら”せいりゅうさん”で祈願するといいでしょうね~水が近くに流れるようなところがいいです。」

と言われた。

僕は「そうですか!」じゃあ寄ってみます!といって甘酒を飲んで、頂上の”一ノ峰”を目指した。

せいりゅうさんは途中で、あるのだろうと思ったので

店主には、”せいりゅうさん”の正確な場所なんて聞きませんでした。

そのうち、出てくるんだろうな~って余裕をかましていたのですが、

いつまでたっても”せいりゅうさん”という社はでてきません。

そのうちに、四ツ辻に戻ってきてしまいました∑(゚д゚)ガーン

四ツ辻の看板

もう一度地図を確認する。。。

伏見稲荷の清滝社

「うーん”せいりゅうさん”はないけど、清滝(きよたき)ならある!」

いちかばちかいってみるか、、、と思って清滝社のほうへ向かいました。

ここは正規ルートからはそれているため、参拝者がほとんどいません。

清滝社の道中

というか、1組しかみかけませんでした(;・∀・)

で、到着したら、確かにが流れていたのです!

ですが、土足厳禁とかかれて扉が閉まっていました。

たしか、店主も水が流れるところ、、なんて言っていたな~と思いながら、

清滝社のお店を訪ねました!

清滝社

なかから、70代くらいの女性が現れました。

 

  • 僕「あの~ここって”せいりゅうさん”でいいのですか?」
  • 女性「ここは清滝(きよたき)です。でもせいりゅうと呼ぶ人もいますよ。」
  • 僕「あそこのってどうやって祈願するのですか?」
  • 女性「あそこは、滝行をする人用です。まあ、扉をあけて中を覗くくらいならかまいませんよ」
  • 僕「ありがとうございます。じゃあ覗いて、祈願してきます。」

 

さっそく、せいりゅうさんの扉を開けた!

せいりゅうさんの滝

へびの口から、滝が流れていました。

まさに「なにか、神的なもの」を感じる空間でした。

ドキドキドキ((*゚д゚*))ドキドキドキ

そして、ちゃんと祈願してきました!

 

帰りに、本殿によって、358のお札をいれた!

伏見稲荷では、最後に本殿に寄るのが正解ということなので、

帰りに、本殿によって祈願してきました。

このときに、行きしなに、ちゅうちょした358のお札を入れました。

 

ちなみに、祈願、祈願と言っていますが、僕は神社ではなにもお願いしません。

ただ、心のなかで”ありがとう”という何度もつぶやくだけです。

これは小林正観さんの考えで、あれこれお願いごとをすることは、神様に”今の状態に満足をせずに不満を言っている”ことになるそうです。

だから、”ありがとう”と言うだけでよいそうです。

ありがとうと言っていると、さらにありがというを言いたくなるような現象を神様が起こしてくれるのだそうです。

 

今年も収益が安定しますように~ (人д`*)オネガイ

帰りに、伏見稲荷から車で10分くらいの大黒ラーメンによって帰りました!

京都桃山の大黒ラーメン

ず~っと気になっていた伏見稲荷にやっとお参りに行けました!

さあ、アフィリエイターのみなさん!

よかったら”せいりゅうさん”のお参りいかがですか~?( ^∀^ )ニコニコ

来年もこのブログが続きますように~

コメントを残す