「ハッキングされたコンテンツが…」SearchConsoleのガセメールだった件

さて、SearchConsoleからメールが突然届きました!
ハッキングされたコンテンツのメッセージ
簡単に内容を説明しますと。
「あなたのサイトがハッキングされています。なのであなたのサイトが危ないという表示をしています。さらに検索順位にも影響を与えています。」
検索結果がハッキングされているという表示
「なんじゃーーーー!」∑(゚д゚)ガーン
と思いながら、さっそくSearchConsoleの指示に従います。
┣¨キ┣¨キ(*・д・*)┣¨キ┣¨キ

修正方法の確認

修正方法は、SearchConsoleからのメールの下部にちゃんと記載されています。
ハッキングの修正方法のメール
それを順番にこなしていきました。

私の修正方法はこんな感じ!

・まず該当のURLを確認
・検索結果の確認
・Fetch as googleで取得してレンダリングを実行
・site:検索演算子を使用して、ハッキングされたコンテンツがないかを確認
・サイトのソースをみて改ざんされた部分がないかをチェック
サイトがハッキングされた場合のトラブルシューティング
つまり、「サイトがハッキングされた場合のトラブルシューティング」をそのまま順番に実行していきました、、、

その結果、、、

あれ(・・?
「ハッキングされたコンテンツがどこにも無い、、、」
そうです。該当URLには、どこにもハッキングされた形跡を発見することができなかったのです。

再審査をリクエスト

一応、なにも変更せずにSearchConsoleのチームに再審査をリクエストしました。

内容はこんな感じで送りました。↓
トラブルシューティングに沿って、コンテンツを確認しましたが、ハッキングされたような形跡は見つけることができませんでした
ハッキングされているという評価の解除をお願い致します。

4日後、、、、返信あり

ハッキングを取り消したというメッセージ
手動による対策の取り消し
なんと!!なんにもしてないのに、「ハッキングされている可能性」という疑いを取り消してもらえました。
ちゃんと手動による対策も「なし」という評価になっています。

いったい、なんだったのでしょうか、、、(^_^;)
こんなこともあるんですね(笑)

最後に

もし、私と同じように、
SearchConsoleから「ハッキングされたかも」というメールがあった結果、
「サイト内を調べても、明らかにハッキングされた形跡がない」場合、
100%ではない場合があるので、参考にしてくださいね。

ハッキングされてなくても、SearchConsoleに「再審査」をしないと、解除してもらえないので気をつけてくださいね。
「本当にビビったぜ、、、」
ε-(・д・`;)フゥ…
では、参考になりましたら幸いです。(。・∀・。)ニコッ

コメントは受け付けていません。