遠くからでも、しっかり録音できる「おすすめマイク」【AT2020】の口コミ

オーディオテクニカマイク2020

最近は、動画コンテンツも作っている日々ですが、マイクが実は重要な役割を果たします!。
今回は安物のマイクと、「おすすめマイク」【AT2020】を比較して紹介します。

最初に購入した安物マイクはこちら


マイクのことなど、全然知らなかったので、とりあえず安物を購入しました。
安物コンデンサーマイク
安物コンデンサーマイクの中身

なんと「マイクスタンド」「ショックマウント」「ポップフィルター」がついて3999円という激安マイクですね。
マイクだけの価値ならば、1000円程度かと思われます。

この安物マイクのデメリットは!?

注意
最初に驚いたのは、マイクとの距離が、10cmぐらいで喋らないと、全然、音が小さいことです。
もちろん、パソコン側の設定は、最大ボリュームの「100」にしております。

実際に、どれくらい音が小さかったのか比較↓

安物マイク↓
これでも、マイクに10cmほど近づけて喋っています。
おすすめマイク【AT2020】↓
マイクから1mほど離れて、喋っています。

明らかに、安物マイクの方は、声が聞こえないですよね。
なので、youtuberがおすすめする【AT2020】を購入しました!

購入したおすすめマイク「AT2020」は、こちら↓

【送料無料】オーディオテクニカ audio-technica AT2020USB+ USB サイドアドレス・マイクロホン コンデンサー・マイク【smtb-TK】【ポイント5倍】
オーディオテクニカ
オーディオテクニカマイク2020

音質も、かなり良くなったので満足しています。
ホワイトノイズも、目立ちません。
3mくらい離れて、普通の声で話しても、バッチリ音を拾ってくれます!

また嬉しいことに、USBをパソコンにつなぐだけで、すぐに使えます。
オーディオインターフェイス無しで、使用できます。
オーディオインターフェイス

結局、私のように「安物買いの銭失い」にならないように、みなさんも気をつけて下さい。
まあ、マイクスタンドを使いまわして、利用しているので、最終的には良かったのですけどね。
マイクスタンドは安物を利用している。