寝ながら楽に本を読む(スマホを見る)方法

寝転びながらメガネ

寝ながらやりたいこと
・寝ながら楽にを読む
・寝ながら楽にスマホを見る
・寝ながら楽にタブレットを見る

こんなふうに思っていませんか?
それなら、便利グッズがありますよ(笑)

寝ながら本を読める「メガネ」を買ってみた

寝転びながらメガネ

寝たまま メガネ LAZY READERS 寝ながら スマホ 読書 TV が楽しめる 仰向け プリズム メガネ 反射メガネ
この「メガネ」は、寝た状態で、顔の方向は天井を見ているのに、
鏡の屈折を使って、手に持った本を読めるというグッズです。

普通に手で持って読むのと、どこが違うの?

寝ながらメガネの解説
「寝転んで、本を読むのと、何が違うの?」と思ったかも知れませんね。
普通は、寝転んだら本を持ち上げて読みますよね。
するとだんだんと手が疲れてきますよね。

ところがどっこい、この「メガネ」を使うと、肘を床につけた状態で見ることができるのです。
寝ながらメガネの鏡部

実際に「メガネ」を使って感じたデメリット

1:ちょうどよいポジション合わせに苦労する

私の場合は、肘を完全に床に置いた状態では、うまく画面のピントが合いません。
なので、ちょっとメガネをずらす、もしくは顔をずらすかしないといけません。
がしかし、お腹の上に、クッション(もしくは布団)を置いて、その上に本を置くと、ちょうど良い高さになり、楽に本を読むことはできます。

2:重心を乗せる位置によっては、痛くなる

このメガネは重さが86gもあるので、重たいです。
重心のかかる位置が、頬骨ほおぼねに集中してしまうと痛くなってきます。
しかし、重心をずらして、「おでこ」のあたりにかかるようにすれば、まったく痛くありません。

3:やがては疲れる

だいたい30分~1時間もかけて本を読んでいると、疲れてきます。
まあ、1時間も寝転びながら本が読めたら、満足しますけどね

実際に「メガネ」を使って感じたメリット

上記の3つのデメリットはあるものの、やはり寝転びながら本が読めるのは楽ちんです。
使い方がなれてくれば、まあ使えるアイテムだとは思います。
参考にしてみてください。