auから格安SIM(日本通信sim)への感想

auから格安SIMやばすぎ

令和6年6月に、au⇒日本通信simへ乗り換えました。
その時の感想をまとめました。

安すぎる

私は、auの頃からでも、1ギガプランにしており
それでも月額3980円ほどでした。

ところが、日本通信simにしてからは、
月額293円でしたw (証拠画像↓)
格安SIM料金の証拠画像
通話料金は、30秒で11円です。
私は、美容院の予約で30秒ほど喋ったので、その分の3円だったのでしょうかw

通信速度はどうか?

1ヶ月使いましたが、問題ないですね。
遅いと感じたことが1回だけありましたが…
(たまたまだったのでしょうか。それ以降は本当に普通にスムーズですよ)

ネット上では、12時~13時の間に回線が混雑して遅くなると言われていますが、
私はそこまで感じませんでした。
ちなみに、外で動画は見ません。
ですから、動画を見ない人はアリだと思います。

通話品質はどうか?

docomoの回線
通話品質についても、問題なし
ちなみに日本通信simは、docomoの回線を利用していますので
よほど山奥でない限り、通話はできると思います。

簡単過ぎた

アプリで契約まで完結
乗り換えがものすごく簡単でびっくりしました。
全部、アプリ上で完結しました。
(というより、むしろ日本通信simでは実店舗がありません。なので安いのですけどね)

メモ
今ではスマホにsimカードを挿すどころか、e‐simなるものがありネットで完結できます。

今回は、電話番号そのままで移行したのですが、それもauのアプリで番号予約を済ませ、
そこから、日本通信simのアプリをダウンロードして、手はず通りにすすめれば簡単でした。

身分証明証の確認も、マイナンバーカードを持っていたので、スマホにかざすだけで終了します。
(つまり、マイナンバーカードの画像を送信しなくてもよい)

スターターパックとは

実際に購入したスターターパック

メモ
ちなみに、日本通信simではスターターパックなるものがあります。
スターターパックの中には、説明書と番号が書いてあります。
この番号が、アプリ内の契約の際に必要になります。

別にスターターパックがなくてもいいのですが、800円くらい安くできるし、
Amazonで買えるので私はこちらにしました↓

注意
もし、スターターパックを考えているのなら、アプリから変更を始めるとスターターパックにかかれている番号を聞かれるので、先に手元にあったほうがいいです。
Amazonでは、速くても手元に届くのは1日かかるので、先に注文してからのほうがいいと思います。
※もちろん、スターターパックを購入せずに、日本通信simのアプリから最後まですすめることも可能です。

日本通信simのサービス

メモ
自分用のメモですが、留守番電話サービスがあります(月額利用料:330円)
さらに、非通知からの電話に対して、「通知しておかけください」とガイダンスを流し拒否してくれるサービスが無料であります。詳細はこちら

日本通信sim おすすめできる人

まず、外であまりネット使わない人ですね。
私は外では動画は見ません。
なぜなら、通信量がすごいことになるからですw

さらに、私は家とパート先の往復がほとんどで、あまり外にいませんw
みなさんもそうですが、仕事中は自分の携帯はあまり使わないですよね。

使ったとしても、休憩時間にちょこっといじるだけ。
自転車通勤なので、運転中は携帯は使いません。
以上、1ヶ月に1ギガで抑えられる人は、本当にものすごく安くなります。

続いて、電話をあまり使わない人におすすめです。
私も、電話は月に1回~2回くらいなんですよね。

それに今の時代、line通話とかSkypeとかで通話しますよね。
そう考えると、格安SIMに変えたほうがすごく経済的になると思います。

注意
以上、日本通信simの口コミとなります。
今のところトラブルはないので、おすすめできます。
もし不便を感じたら、追記しようと思います。