UR賃貸(公団)は、地震の罹災証明は必要?

さて、2018年(平成30年)6月18日に大阪北部大阪地震がありました。
震源地の高槻市に住んでいる私の家も、1ヶ所震災後の被害を後から発見しました。

被害の写真がこちら

地震の後に、窓のサッシと壁との間に隙間が、、、

壁 地震の被害

本来はスキマがありません

サッシと壁のスキマ

(拡大)窓のサッシと壁との間にスキマが!!

サッシと壁のすきま 被災
北部大阪地震 被災

罹災証明が必要かどうか?

とくに、急を要する被害でもなかったので、震災から約2ヶ月放置してました。

別にこのままでも、生活に支障はないのですが、ただ退去する時に。
自分のせいにされたらどうしよう、、、」
修繕費を要求されたらどうしよう、、、」
って考えるようになったんですね。


だったらその際に、「罹災証明が必要なのかどうか」を、まずは管轄のUR都市機構に電話をしてみました。

UR都市機構サイドの返事は?

「わかりました!ただいま北部大阪地震で被害を受けられた方に対しての受付を行っております」
「あの~修繕費を負担しないといけないのですか?」
「いいえ、地震によっての被害は、UR都市機構が負担させていただきます」

このようなやり取りのあとに、
・どの部屋?
・どの部分?
・どのように?
ということを話しました。
そして、修繕してくれる業者が状況を確認しにくるという段取りになりました。

結論:UR賃貸は罹災証明は必要ない!

今回の件で、UR都市機構が運営するUR賃貸は、北部大阪地震での罹災証明が必要ないことが判明しました!
ただし、状況によっては異なる場合があるので、まずはお住まいの管轄であるUR都市機構に電話をしてみましょう。

今回の修繕が終わったら、また当ブログ内で紹介させていただきます。

コメントは受け付けていません。