【感想】英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!


英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!
という本を読んでみました!

結論からもうしますと、
「おかげで、ちょっと英語がしゃべれるようになった!」
です(笑)

では、具体的な感想をどうぞ!

この本の主旨

英語を、話すことだけに特化するならば 難しい表現はいらないというもの。

そもそも、ネイティブだって、難しいニュアンスでしゃべっているわけではない。

もっとざっくり言えば、英語なんて1000語ぐらいで話せるというもの。 これを筆者の体験談をもとに、書かれている本です。

 

さらに、例題がたくさん

僕は正直、例題は5個ぐらいでいいと思いましたが、
例題が100個くらいありました。(・_・;)

どんな例題なのかといいますと、

「こんな場合は英語でこう表現しろ!」という例題です。

↓↓↓↓↓↓↓↓
本の中身

例題の他にも、 英語圏の文化で参考になるのが、たくさんありました。

・年を聞いてはいけない

・チップのルール などなど、、、

この本を読んで、なぜ僕が英語を少し話せるようになったのか?

これは、日本人なら、最初はつまづくポイントですが、
みんな、英語を完璧に話そうとしすぎています。
適当でいいのです。適当で、
つまり「出川イングリッシュ」でいいのです。
(´∀`*)ウフフッ

「出川イングリッシュ」とは、芸人の出川哲朗さんが、

英語の知識はほとんどないのに、ジェスチャーと、単語だけで ネイティブたちとコミュニケーションをとってしまうというもの。

さて、英語を勉強している人たちは、絶対に
出川哲朗さんよりは、知識があります。
なので、出川哲朗さんのように、ひどい英会話になりません。
しかし、出川さんのように、知っている単語を並べていけば、
誰でも喋れます。

僕が本当に大事だと思うのは、
ある程度、英語の知識がついてきたらまずしゃべること。
そうすれば、英会話はできるようになります。

しかし、いつまでも出し惜しみしていると、
英語の勉強がいやになって止めてしまうというのものです。
実際に、僕はオンライン英会話を始めて、3ヶ月ですが、
この本のおかげで
フリートークをばんばん始めるようになりました(笑)

そしたら、少し喋れるようになってきました。

まだまだ、カタコトですけどね(笑)

でも、僕にとってはすごい進歩です。

 

今まで、英会話の先がまったく暗闇だったのが、

少し、光が差し込んだのです!!

 

もし、英会話でつまづいているのなら、参考になる本です。

コメントは受け付けていません。