置かれた場所で咲きなさいを読んだ感想

置かれた場所で咲きなさい

渡辺和子さんの

置かれた場所で咲きなさいを読みました!

 

この本はなんと、職場での上司が僕に

「おすすめの本がある」といって紹介してくれたもので、

 

なんでも金スマで、ゲストとして登場してから

爆発的な人気がでて本屋でも売り切れ続出中というものでした。

 

その場で即買いした!

Kindleの画面

僕は、AmazonのKindleを持っているので、

その場でテザリングにてネットをつないで、

置かれた場所で咲きなさいのKindle版を買いました。

 

置かれた場所で咲きなさいの感想

この渡辺和子さんというのは、キリスト教徒のようです。

ご自身のつらい経験から、人生をいかに上手に生きるかを実感させられる内容です。

ただ、この本のすごいところは、「辛い時は辛いと言ってもいい」というところです。

やはりそのほうが、共感が持てるような気がします。

人間関係でつらい思いをしている人にはおすすめです。

 

コメントを残す