「ミニサイトをつくって儲ける法」を読んだ感想

ミニサイトを作って儲ける法

「ミニサイトをつくって儲ける法」という本を読んでみました。

その感想を紹介します。

感想ここから

要は、ニッチなテーマについてサイトを作るということです。

ニッチなテーマの方が、ユーザーが探しやすく、満足度が得られやすいということ。

 

例えば、「渋谷で子連れでも行きやすいカフェ20」

これなら、子育て中のお母さんが、息抜きに探している場合、すぐにブックマークしてくれるということです。

 

 

もちろん、ニッチ(スモールキーワード)なので、SEOの上位表示されやすいということ。

さらに、満足度が高いということは、サイト内を巡回されやすくなり、アドセンスなどの収益も高くなりやすいということ

ミニサイトってなに?

 

ミニサイトといっても、1~2ページのペラページではありません。

10ページ~50ページなど、あくまでもテーマを絞っているということが前提です。

どんなノウハウが掲載されていた?

 

とくに、具体的な手法が掲載されていたわけではありません。

しかし、ニッチテーマを作るときの考え方・ペルソナ(具体的な訪問者にしぼる)などがよく、書かれていました。

実際に作者のサイトも、複数紹介されていたので参考になりやすいです。

マネタイズに関して

マネタイズ(収益化)については、具体的には書かれていません。

むしろ、広告(アフィリエイト)を考えずに、ユーザーのためになるサイトを作ったら、お金は後からついてくる。という考えを持っている作者です。

しかし、純広告については具体的に紹介されていました。

作者は、ビアガーデンのサイトにて、純広告を得ていると具体的に掲載してありました。

また、その際の、業者への営業方法(実際に使用した、パワーポイント数ページ)が、掲載されていたので、それは良かったです。

この本をおすすめできる人

ニッチテーマアフィリエイトをしようと思っている人には、読んでみていいかと思います。

サイトの純広告の始め方を知りたい人にも、少しおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。